wiring

mustang6651401当時のままの配線や繋ぎ直されたり割り込ませられたりした箇所をやり直しています。
古いクルマは端子部分が外れかかったり被覆が硬化してパキパキに割れた部分がショートする恐れがあるので気を付けなければいけません。
mustang6651402
とにかく目についた所からやっつけて行くしかなさそうです。

repair

seatrepair01

部品取りの生地を使用して破れていたシートのリペアを試みてみました。
最初にギザギザに裂けた部分を真っ直ぐにカットしてその隙間から切り口よりやや大きめのシート生地を滑り込ませて接着して切り口に合わせ中古のシート生地を張って完成です。
seatrepair02
良い感じに出来上がりました。

parts thing

almipully01

在庫しているグッドコンディションのジェネレータープーリー(純正used)も残り僅かとなり
リプロ品もイマイチという事で最近では写真のアルミ製のモノを使用しています。
work50101
見た目にも派手さは無くブレも無いので良い感じです。

cheap

empistcovr03
used partsを整理中に出て来たハンドルカバーです。過去に一度取り付けていたので残念な事に
パッケージは捨ててしまっていました。

empistcovr01当時はこのスナップボタンで止めるButton on タイプと

empistcovr02

縫い合わせるLece on タイプが存在した様です。
早速 自分のstdのステアリングに取り付けてみました。
stdsteer01
案の定、スナップボタンも何時捥げるかのチープさ満点です。
ステアリングはこれで決まりです。

111 821 531 A

runningboard01
錆で表面のラバーが浮き上がっていたランニングボードが気になっていたのでリペアする事にしました。
ボードの表面に錆は有るものの穴等は無く表面のラバー自体もレザーワックスに一晩ほど浸しておくと十分に弾力も戻りツヤも出ました。ダメージが酷い場合は社外に交換も考えていたのですが純正部品を再利用出来たので一安心です。
ボード本体は表面の錆を落とし錆び止め & ペイントを行い完了です。

runningboard02

自分のクルマという事で通常の作業の合間の作業ですので中々先に進みませんが逆にそれが
楽しい時間に感じます。